So-net無料ブログ作成
本・映画・音楽 ブログトップ
前の10件 | -

Perfume 4th ALBUM 「JPN」 [本・映画・音楽]

忙しくて、中々ログインできませんでした。
皆様の所へも伺えずにごめんなさい。


JPN(初回限定盤)(DVD付)

JPN(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/11/30
  • メディア: CD


さて2011年11月30日に、4枚目のアルバム「JPN」がリリースされるそうです!

・不自然なガール
・ナチュラルに恋して
・VOICE
・ねぇ
・レーザービーム
・微かなカオリ
を含む全13曲が収録されているとのこと。

Perfumeの曲は全て知っているわけではないのですが、
中でも「不自然なガール」は、歌も踊りも好みです☆

初の地上波ドラマ主題歌も決定したとのことで、すごいですね!

タグ:Perfume CD jpn

『第17町会なにわ少年キャンプ隊奮闘記』 を買いました。 [本・映画・音楽]

IMG_3478.JPGIMG_3479.JPG
当ブログにご訪問下さっている、オカジュン765様が執筆された、
『第17町会なにわ少年キャンプ隊奮闘記』という本を購入しました。

作家デビューおめでとうございます!!

今は慌ただしくて拝読するのは、もう少し先になると思いますが、
のんびり読める時が待ち遠しいです。
少しだけ中を見ましたが、挿絵も可愛かったですよ☆

書店販売数は少ないとのことなので、お買い求めの際は、
Amazonや楽天ブックスが便利かも。
でも、何故かAmazonには画像がないのですよね[左斜め下]

第17町会なにわ少年キャンプ隊奮闘記

第17町会なにわ少年キャンプ隊奮闘記

  • 作者: 嗚呼 潤
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: 単行本


ですので、表紙と裏表紙は、最初の画像をご覧下さい。
でも、本は本屋さんで買うとワクワク度がアップするのは、私だけでしょうか?
カバーを掛けてもらうのが好きなんですよね(笑)

とにかく、本を読むのが楽しみです☆

『クロニクル千古の闇 6 決戦のとき』 ミシェル ペイヴァー/著 [本・映画・音楽]

だいぶ前に読み終わったのに、すっかりアップするのを忘れていました。

決戦のとき (クロニクル千古の闇 6)

決戦のとき (クロニクル千古の闇 6)

  • 作者: ミシェル ペイヴァー
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本


最終巻で、新キャラが出てくるとは、思いませんでした。
白い色の子って、スーザン・クーパーさんの、
『光の六つのしるし』にも出てきましたよね。

トラクは焼きもちを焼いたり、言いたいことを言えなかったりするけれど、
基本的には素直だと思います。

レンは正直、トラクよりもたくましく、しっかりしていると思います(笑)
行動的なカッコイイ女の子、良いですね☆

ラストは、これまでの流れからいくと、少しご都合主義的な気もしましたが、
児童書としては安心しました。

この物語には、派手な魔法や煌びやかな世界は出てきません。
何せ、舞台は6000年前の、まだ狩猟がメインの時代です。

狩の仕方や仕留めた獲物の捌き方、彼らが使う道具、
そして動植物や文化などを、作者がきちんと調べているからこそ、
本当に存在しているかのような、リアルな作品に仕上がっているのでしょうね。

酒井駒子さんのイラストも、この本にぴったりでしたし、
この作品と出会えて、本当に良かったです!!
ミシェル ペイヴァーさんの次回作があれば、絶対に読みます☆

5巻の記事
http://pompon-lettre.blog.so-net.ne.jp/2010-08-15

4巻の記事
http://pompon-lettre.blog.so-net.ne.jp/2010-08-06

3巻の記事
http://pompon-lettre.blog.so-net.ne.jp/2010-05-25

2巻の記事
http://pompon-lettre.blog.so-net.ne.jp/2010-05-19

1巻の記事
http://pompon-lettre.blog.so-net.ne.jp/2010-05-14

NATURAL BEAUTY BASIC×Perfume [本・映画・音楽]

先日、「NATURAL BEAUTY BASIC」の前を通りかかったら、
見たことのない、Perfumeのプロモーションビデオが流れていました!

ついつい、見入ってしまいましたよ☆
相変わらず可愛いし、振り付けも素敵です。
でも、最後ピタッと止まれず、身体が揺らいでいたような(笑)

このCMソングであり、Perfumeの新曲 「ねぇ」 は、11月10日発売とのこと!

ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: CD


今度はどのようなプロモーションビデオなのか、歌もダンスも期待大です☆

Perfumeのスタイリストさんの感性も、素晴らしいですよね。
3人に個性を出しつつ、共通点も兼ねさせる。
同じ歌でも、衣装が違う時もあるので、こちらも毎回楽しみにしています!

松任谷由実 「ANNIVERSARY ~無限にCALLING YOU~」 [本・映画・音楽]

「ANNIVERSARY ~無限にCALLING YOU~」

この曲も、やはりワンフレーズしか知らなくて、
しかも何のCMかも覚えていなかったのですが、
覚えている歌詞で検索をかけたら、探し出せました☆

ユーミンの歌だったのですね!彼女の曲は、好きなものが多いです。
また1つ思い出の曲が判明して、すっきりしました!

遊佐未森 「地図をください」 [本・映画・音楽]


桃と耳~遊佐未森ベストソングス

桃と耳~遊佐未森ベストソングス

  • アーティスト: 遊佐未森,工藤順子,外間隆史,井上妙,中原信雄,成田忍,遠山淳
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1992/11/01
  • メディア: CD


昔、CMソングで聞いて、ふとサビを思い出し、懐かしくて検索してみました。

覚えているのは、本当にワンフレーズだけで、
確かアーノルド・シュワルツェネッガー氏が、
赤い車を片手で持ち上げていたのが印象的な、
カップヌードルのCMだったと思います。

歌っていたのは、遊佐未森さん。この方の声は、綺麗ですね☆

また1つ、思い出の中の曲が判明しました。
インターネットって、すごいです!

Perfume その2 [本・映画・音楽]


VOICE(通常盤)

VOICE(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2010/08/11
  • メディア: CD


最初に聞いた時、チャイニーズ風に感じました。
アジアンテイストは、今までに無かったタイプですよね。
でも、耳なじみが良くて、かなりお気に入りです☆

プロモーションビデオでは、大道具さん、小道具さん頑張りましたね!手作り感満載で、楽しかったです☆
Perfumeの3人も、迫ってくる壁のシーンの撮影は、大変だったのでは。
それにしても、良くあれだけ動けるものだと、毎回感心してしまいます!!

テレビ版の振り付けも可愛かった☆
特に、「線と線をつなげてこ」の辺りが好きです!

タグ:Perfume CD Voice

『クロニクル千古の闇 5 復讐の誓い』 ミシェル ペイヴァー/著 [本・映画・音楽]


復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)

復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)

  • 作者: ミシェル ペイヴァー
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本


復讐に駆られるトラク。
今度の舞台は、「深い森」。

ウルフの恋と、トラクとの関係。
ベイル・・・・・
ようやく会えた、トラクの母の氏族、アカシカ族。

自分で選んだ選択なのに、すぐに悩んだり、後悔したりするところが、リアルで好みです。
フィン=ケディンだって、若い時は、怒りっぽかったと言われているし、
皆、そうやって成長していくのですよね。

木に「生霊わたり」をしてしまった、トラク。
また、トラクはレンを、意識しだしたみたいですし、今後、心身ともに、どうなっていくのか気になります。

そういえば、歩き屋は、スメアゴル(ロード・オブ・ザ・リング)みたいに感じました。

残すところ、あと1巻。
トラク達の冒険が、終わってしまうのは、寂しいです。

『妖精のネジ』 小学館文庫 [本・映画・音楽]


妖精のネジ (小学館文庫)

妖精のネジ (小学館文庫)

  • 作者: 奈知 未佐子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫


奈知 未佐子さんの漫画で、ショートストーリーが25編、収録されています。

シンプルで可愛らしく、微笑ましいイラスト。
童話や昔話を参考にしたような、どこか懐かしいストーリーですが、どれも考えさせられます。

どれも素敵ですが、中でも好きな話(登場人物含む)は、
「メリーゴーランドに乗って」
「赤い熊」
「風の小箱」
「越後屋小判」

そして、好きなキャラ(上記作品除く)は、
「緑の池の魔法使い」の、主人公の魔法使い。
「うさぎ跳ねて」の、スタッキィ。
「鏡の中の月」の、“悪魔ちゃん”
「海せん屋 山せん屋」の、がま。
「うちでの小槌」の、兼高。
です。

登場するキャラが、優しくて、優しくて・・・

小さなお子さんよりは、大人が昔を偲べるような作りかな。
心温まる、でも少し切ない物語。是非、読んで頂きたい1冊です☆


『妖精のネジ』 小学館文庫
2003年1月10日 初版第1刷発行

著者 奈知 未佐子(なち みさこ)
発行所 ㈱小学館

『クロニクル千古の闇 4 追放されしもの』ミシェル ペイヴァー/著 [本・映画・音楽]


追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)

追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)

  • 作者: ミシェル ペイヴァー
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本


今度は、森と湖が舞台。

物語の中で、14歳になったトラク。
レンの出生の秘密と、孤独感。
ウルフの抱える寂しさ。

追放されたトラクは、追い討ちをかけられるかのように、魂の病に蝕まれる。
以前登場したベイルと、レンが、トラクを探す。
子供達もウルフも、心身ともに成長していく。

今回初めて表紙にレンが登場!
すごく可愛い☆

レンの代わりに、あの人に矢を放ったベイルが格好良くて、レンとお似合いかもと思ってしまいました。
ごめんね、トラク(笑)

さて、残る魂食らいは、シアジとイオストラ。
全6巻なので、1人ずつ敵として戦うのかな?
続きが楽しみです☆

前の10件 | - 本・映画・音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。